個人事業主の青色申告と母子手当の関係を知る

独立して扶養の範囲で稼ぐ!

new

choice

母子手当と青色申告特別控除の関係とは

母子手当と青色申告特別控除の関係とは

母子手当てに関して

児童扶養手当の重要性

母子手当てと呼ばれている児童福祉手当は、シングルマザーおよびシングルファーザーにとって非常に大きな手当になるでしょう。ただしこの手当金に関して、受給資格を有していることはもちろんのこと、受給するための所得目安をしっかりと認識する必要があります。具体的にはシングルマザーの家庭において子供が二人いる場合に、この児童扶養手当を満額受給することができるケースでは、47000円を受け取ることが可能となります。またシングルマザーの家庭において問題となってくるのは、所得に応じて決定する家賃の補助額や保育料といった項目であり、金額計算の基となる所得額をコントロールすることが非常に重要となるのです。
児童扶養手当による受給金額と個人所得との関係性についてより詳細に知りたい人は、各市町村などが掲示しているホームページを参照しましょう。この各市町村発表によるホームページには、児童福祉手当の概要や受給資格および所得との関係について詳しく掲載されています。またシングルマザーの中には離婚後から養育費をもらっていることもあると思いますが、そのようなケースについても計算方法など詳しく掲載されています。不安な方は、区役所などで専門家に直接相談してみると良いでしょう。専門知識も必要となりますので、税理士などに依頼することも考えてみましょう。

所得計算の方法について

先ほどのシングルマザーやシングルファザーが起業していて個人事業主となっている場合には、児童扶養手当の金額計算をする際に考慮されるのかどうかが問題となります。具体的には、青色申告特別控除による最大控除の65万円を所得計算から引くことができるのかが問題です。そもそも児童扶養手当とは18歳未満の子供を養育している家庭において、所得が低い家庭が受給することができるといった性格の手当です。手当を計算するための所得額を低くすることが重要とされていて、具体的な審査所得としては、所得に養育費の8割を加算してそこから8万円の控除額を差し引いたものとなります。
結論をいうと、最初の所得部分に関してですが青色申告をしている個人事業主の場合には、青色申告特別控除の65万円を差し引いた金額で計算して良いということになるのです。それから児童扶養手当には所得限度額も存在していますので、申請する場合には注意が必要です。つまり個人事業主が青色申告特別控除による65万円を差し引いたとしても、規定を超過する所得があった場合には児童扶養手当を受給することができないということになりますので、注意が必要です。

読むとお得!

個人事業主と扶養の関係について個人事業主と扶養の関係について
独立から扶養を外れるまで独立から扶養を外れるまで