扶養と個人事業主の関係を知る

独立して扶養の範囲で稼ぐ!

new

choice

個人事業主と扶養の関係について

一般的に知られている扶養控除の範囲で働くための金額は「103万円」ですよね。その103万円は給与収入の場合の金額だということをご存知でしょうか?個人事業主として働いて得る収入は給与収入にはなりません。では、個人事業主の場合はいくらが限度額なのかというと、「38万円」です。たったそれだけ?!と驚かれた方もいると思いますが、早とちりはいけません。この38万円は、収入ではなく所得の額です。個人事業主と扶養の関係について、詳しく解説します。

独立後も扶養に入れる条件がある

独立後も扶養に入れる条件がある

扶養控除を含む所得控除の仕組みを理解することで賢い節税を実現することが可能となります。そのためには代表的な所得控除である扶養控除について具体的な金額を含めた規定について理解を深めましょう。扶養家族となる条件は同居状態だけではなく、別居していても収入面の条件に適合するなら申請が可能であり、さらに自分が個人事業主として独立した後に配偶者などの扶養対象として認めてもらうことが可能となっていることも知っておくと良いでしょう。

MORE

被扶養者が損する場合を知っておこう

被扶養者が損する場合を知っておこう

個人事業を行う上で重要とされているのが所得控除であり、特に扶養控除の項目はしっかりと理解を深める必要があります。個人事業主の場合は、自身の直接的な節税目的のほかに社会保険料を節約するために配偶者の被扶養者となることを選択するケースが多々あります。しかし、これには必ずしもメリットばかりあるわけではないので注意が必要です。どういう場合にデメリットが生じるのかきちんと理解したうえで被扶養者になることを選択しましょう。

MORE

母子手当と青色申告特別控除の関係とは

母子手当と青色申告特別控除の関係とは

シングルマザーにとって児童扶養手当は生活費にダイレクトに影響する非常に重要な手当ではないかと思います。シングルマザーが個人事業主として開業するにあたってはその概要をしっかりと把握しておきたいところです。青色申告特別控除と母子手当の関係について具体的な事例を交えながら解説します。ポイントは、青色申告特別控除による65万円を所得計算から差し引くことができるのかという部分です。個人事業主として稼ぐ所得額と母子手当の受給資格の限度額、両方を見極めてもっともお得なラインを目指すのがベストです。

MORE

読むとお得!

個人事業主と扶養の関係について個人事業主と扶養の関係について
独立から扶養を外れるまで独立から扶養を外れるまで