個人事業主必見!扶養控除マニュアル

独立して扶養の範囲で稼ぐ!

new

choice

扶養控除の手続きマニュアル

すでに個人事業主として活躍中の主婦の方にも知っておいてほしい扶養控除の手続きマニュアルを紹介します。扶養控除は受けられないと思っていても、きちんと調べてみたら扶養控除が受けられるケースもあります。逆に、すでに扶養の範囲を超えているのに手続を忘れているケースもあります。ご主人が会社員なら会社に申請しなければならないことなど、手続きが多々あります。手続きを忘れていると、本来払うべきだった金額を遡って徴収されることになりますので注意が必要です。

「扶養家族」の定義を知ろう

「扶養家族」の定義を知ろう

扶養家族の定義、しっかり説明できますか?いざ説明しろと言われると、きちんと理解できていないことに気付く方も多いと思います。扶養家族とは、ざっくり言えば収入が少なく生計の助けを必要とする家族のことを言います。ですが、細かい条件や範囲は、健康保険上の基準と税法上の基準でそれぞれ異なります。扶養控除は税法上の基準が適用されますが、もちろん健康保険上の扶養家族に関する定義もきちんと知っておく必要があります。

MORE

役所で開業手続きをしよう

役所で開業手続きをしよう

個人事業主としての独立を決めたら、役所で開業の手続きをする必要があります。役所とは、具体的に言うと税務署です。居住地の所轄税務署に個人事業の開業届けを提出します。このとき、一緒に手続しておきたいのが青色申告の手続きです。扶養控除の範囲で働くためには使える控除はすべて使うに越したことはありません。青色申告の特別控除は65万円ですから、ぜひ利用してください。青色申告控除を受けるためには事前に「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておく必要があります。開業届けと一緒に提出しておきましょう。

MORE

手続きは必ず行おう

手続きは必ず行おう

個人事業主としての所得が扶養の範囲を超えた場合は、必ず手続きをしなければなりません。少しぐらい言わなければわからないかなと思ってしまいがちですが、そう甘くはありません。手続きしようと思いながらつい後回しにしてしまうのも危険です。扶養から外れる手続きをしなかった場合、扶養は遡って取り消されることになっています。扶養が外れた日から手続きをするまでの間に払うべきだった金額は後からしっかり徴収されることになります。しかもその徴収金額は一括請求されるため大きな痛手です。

MORE

読むとお得!

個人事業主と扶養の関係について個人事業主と扶養の関係について
独立から扶養を外れるまで独立から扶養を外れるまで