個人事業主として独立する人の求人募集について

独立して扶養の範囲で稼ぐ!

new

choice

求人募集を利用するポイントとは

求人募集を利用するポイントとは

求人情報を活用!

個人事業主を対象とした求人情報

かつてはエンジニアとしてバリバリ働いていたり、IT業界の最前線にいた元リケジョだったりという経歴を持ちながらも結婚を機に退職し、スキルを活かして復職したい気持ちはあるものの家庭を抱えながらの再就職も二の足を踏んでしまうという主婦の方は少なくありません。会社員として働こうとすると家事との両立も難しくなってきますよね。個人事業主として自宅開業することで、スキルを活かして復職することが可能になります。
ただどうやって仕事をとればよいのかわからないという人も多いでしょう。そんなときに利用したいのが、個人事業主を対象としている求人情報サイトです。特にIT業界は個人事業主の求人情報が年々増加しています。中にはIT関連の個人事業主の募集を専門にしているサイトもあるので、上手に活用して仕事探しに役立ててください。

契約期間の長いものを選ぶ

ただ、個人事業主となっても継続して仕事を受けられなければ安定した収入は得られませんし、収入が安定しないのに扶養から外れてしまうと家計全体でみれば損をしてしまうこともあります。求人情報サイトには、案件の契約期間もちゃんと記載されていますのでしっかりと確認し、できるだけ契約期間の長いものに応募するようにしましょう。契約期間が長いということは、長期間にわたって安定した収入が得られるため、扶養の扱いを含めた家計全体の計画も立てやすくなります。
IT系の個人事業主に高い評価を得ている求人募集サイトを2つ紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

マッチングが魅力の「イージョブダー!!」

個人事業主の仕事探しに活用したい求人情報サイトのひとつがイージョブダー!!です。ここのセールスポイントは「おまかせマッチング」というシステムです。サイトで公開している案件以外にも企業側の意向によって非公開となっている案件がありますが、おまかせマッチングに応募すれば非公開案件も紹介してもらえます。

転職を機に個人事業主になりませんか?

イージョブダー!!のおまかせマッチングを使えば、通常よりも条件が良い案件に出会えます。

高単価の案件が多い「レバテックフリーランス」

当サイトの管理人も利用しているおすすめサイトが、レバテックフリーランスです。求人情報サイトには中間に複数の企業が入って取引をしているところもあり、そうなると中間マージンがどんどん引かれてしまいます。その分、エンジニア自身がもらえる案件単価は低くなってしまいます。レバテックフリーランスが扱う案件はそのほとんどがクライアントと直接取引のため、全体的に高単価な案件がそろっています。

転職を機に個人事業主になりませんか?

レバテックフリーランスはサポート体制も万全なので、安心して仕事探しができます。

読むとお得!

個人事業主と扶養の関係について個人事業主と扶養の関係について
独立から扶養を外れるまで独立から扶養を外れるまで