個人事業主になるための役所での手続きについて

独立して扶養の範囲で稼ぐ!

new

choice

役所で開業手続きをしよう

役所で開業手続きをしよう

手続きをこなして起業

個人事業主として事業を始めるには?

個人事業主として独立して事業を初めていくのには特別な知識や資格を必要としません。法人として会社をつくるのであれば違ってきますが、基本的には税金関係のことについて手続きを行えばこと足ります。
まずは所轄の税務署に対して手続きをすることになります。自宅をそのまま事務所とする場合は現住所の所轄の税務署でOKですし、自宅とは違う所を事務所にする場合には、所得税の納税地を事務所のほうに変更するという意味の「所得税の納税地の変更届」を自宅住所と事務所の所在地のそれぞれの税務署に提出することになります。
それから、所得が290万円以上ある場合には所得税の他に事業税が発生してきます。この場合の「所得」は売上から経費を引いたものですが、都道府県税事務所にも「個人事業開始申告書」を提出します。ただし、初年度で所得がそこまでに達しないと見込まれるのであれば提出の必要がありません。

起業について相談できる「ドリームゲート」

開業・起業・税金等の知識についてはインターネットで調べたり、役所に問い合わせたりすることで得ることができますが、ゼロから自力で調べるにはそれなりの労力が必要かもしれません。苦手なことは誰かに任せてより事業に注力したいという場合には、専門家に相談するという手もあります。ドリームゲートなら無料で相談ができますので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ドリームゲート

ドリームゲートは、企業を目指す人向けにノウハウを紹介する企業支援ポータルサイトです。

 

税金に関わることについて

所得税のほかに税金まわりで考慮しておくこととしては、固定資産の取り扱いです。事業のために使われるもので何年にもわたって使用される車や建物などは、一回の支払いで経費処理をすることができません。これらについては何年間かかけて経費として「償却」していく必要があるのですが、その方法を選ばなければなりません。すなわち「定率法」と「定額法」のふたつで、定額法はその名のように額を定めて償却していく方法で、定率法は率を定めて償却していくので、初めの年に多く払い、そこからは年とともに減少していきます。定率法のほうが償却率が大きくなり、節税効果がより得られますので、定率法を選択するのがよいでしょう。
個人事業者となった場合には、所得税を自分で計算して申告する必要があります。申告方法には「青色申告」と「白色申告」とがありますが、節税メリットが大きい青色申告を行うことをおすすめします。青色申告をするためには複式簿記による記帳が必要となりますが、専用のソフトやサービスを用いれば、特別な会計知識がなくても記帳から申告までをスムーズに行うことが可能です。

無料で利用できる経理ソフト「フリーウェイ経理Lite」

青色申告は先に述べたように複式簿記が必要になりますので、青色申告用の会計ソフトを活用しましょう。最近では無料で利用できるサービスもいくつかあります。その中でもおすすめなのがフリーウェイ経理Liteです。

フリーウェイ経理Lite

フリーウェイ経理Liteは、ずっと無料で使えるため起業したばかりの個人事業主も安心して利用できます。

読むとお得!

個人事業主と扶養の関係について個人事業主と扶養の関係について
独立から扶養を外れるまで独立から扶養を外れるまで