扶養控除とその他の控除の違い

独立して扶養の範囲で稼ぐ!

new

choice

似ているその他の控除との違い

似ているその他の控除との違い

様々な控除を理解して節税

控除の重要性について

個人事業主にとって利益の確保が最重要となるのは間違いないところですが、同じように重要となるのが各種控除に対する理解を深めることです。利益とは、事業に対する収入から様々な経費を差し引いた部分が所得であると見なされて、そこに所得税が課税されることとなり、最終的な差引額が純粋な利益ということになります。つまり多くの利益を得ようとするならば、所得税における控除額を増やすことができれば差し引き後の利益部分を増やすことができるのです。そのため、所得控除に関する内容を確実に理解しておくことは必須といえるでしょう。
この控除に関しては様々な種類が設定されており、代表的なものには扶養控除があるのですが、扶養控除以外にも間違いやすい控除が存在しています。それらに関しても正確に理解しておかなければ賢い節税を実現することが難しいでしょう。

扶養控除に似た所得控除

扶養家族に対する扶養控除は代表的な所得控除ということになるのですが、似たタイプの所得控除がいくつか存在しておりますので理解を深めておきましょう。
まず最も似たタイプの所得控除としては、配偶者控除があります。配偶者控除とは扶養家族の中でも配偶者に絞って設定されている控除であり、扶養控除とは区別して設定されています。例えば配偶者がパートによる収入を得ていた場合にはその収入を給与収入とみなして給与所得控除を適用することができます。その給与所得控除は収入額によって税率に違いがあるのですが、年収が103万円以内である場合には65万円の給与所得控除が適用されて差し引き38万円となり、税法における合計所得金額の38万円以下と合致することになります。つまりパートで働く場合にはこの103万円を超過してしまうと、配偶者控除部分を超過してしまうことになりますので、場合によっては働くだけ不利になってしまうこともあるのです。
それから同じく所得控除として社会保険料控除というものがあります。この控除は健康保険料などの支払った社会保険料を所得計算から差し引くというものであり、年金や社会保険の総額が適用されることになります。また同様に生命保険料控除というものがあり、これも支払った生命保険料を所得から差し引くことができます。それから家族間で年間に支払った医療費の総額が10万円を超過した場合には医療費控除の適用を受けることが可能となります。最後に、個人事業主にとって最も重要となるのが白色および青色申告控除であり、規定の決算書を作成することによって最大で65万円の所得控除を受けることができます。

読むとお得!

個人事業主と扶養の関係について個人事業主と扶養の関係について
独立から扶養を外れるまで独立から扶養を外れるまで